浴室の水漏れを修理する方法

一日の疲れを取ってリラックスできる浴室で水漏れが起きると、疲れが取れないばかりか、ストレスに感じてしまいます。お風呂場の水漏れの原因は老朽化と破損が多くあります。どのような箇所で水が漏れやすいのか、また自分で修理できるケースを紹介します。

■浴室で水漏れが起きやすい場所

シャワーヘッドは構造上、内部に水が溜まるようになっており、劣化して水が漏れることがあります。浴槽は本体のひび割れやゴム栓と排水口の故障、給湯器の排水口の劣化により水が漏れます。水漏れしやすいのは蛇口や水栓で、部品の劣化やホースもしくはパイプの亀裂、ボトルやネジの緩みなど、どれか1つでも原因があると水漏れが起こります。
給湯器は室内と屋外に取り付けるタイプがあり、室内取り付け型は浴槽や蛇口と繋がるため、水漏れの原因に繋がります。10年から15年使用している場合は、給湯器 交換を業者に相談するのがベストです。意外な場所としては換気扇があり、浴室の蒸気や風雨に晒され、内部に水が溜まることがあります。床や壁も経年劣化により水が漏れる原因になります。

■自分で水漏れを修理できるケース

シャワーヘッドの水漏れは、故障の場合バルブや本体を交換します。混合水栓の接続部から水が漏れている場合は、ナットの緩みやパッキンの劣化が考えられるので、とりあえずナットを締め直します。蛇口や水栓は壊れた部分を交換し、パーツを締め直します。給湯器は故障箇所の部品を交換することで対応するのがベストです。精密機械の異常であれば、業者に任せましょう。
換気扇から水が漏れている場合は、換気扇を使用せず分解掃除します。浴槽の水漏れは水がどこまで減るのかで、原因がどこなのか分かることがあります。すべて無くなるなら排水口、風呂釜のすぐ下なら接続金属、途中までならその付近のひび割れが考えられます。事前に調べておくと業者の見積もりに役立ちます。

■まとめ
マンションのお風呂場の排水管が原因で、下の階のお風呂場に水が落ちることがあります。自分では気づかないこともあるので、ある程度年数が経った住宅にお住まいの方は、お風呂場の水漏れトラブルに備え、定期的なチェックを依頼することも検討すると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ