トイレや温水洗浄便座の水漏れを修理する方法

毎日家族で使っているトイレや温水洗浄便座から水が漏れたら、家族全員が困ります。水が漏れていることが分かっても、自分で修理することはまず無理なので、専門業者に依頼することになります。水漏れの原因や対処法、業者を呼ぶまでの応急処置を紹介しますので参考にしてください。

■老朽化や破損で起きる水漏れ

トイレや温水洗浄便座の水漏れの原因は老朽化で、そのためにひび割れなどの破損が起こり、水が漏れ出します。発生する箇所は便器やトイレタンク、給水管だけでなく、温水洗浄便座の給水ホースやノズル、操作パネルなどが挙げられます。温水洗浄便座内部の機器が故障してしまい、ノズルから水が止まらなくなることもあります。
狭いトイレ空間ですが、いかに水漏れしやすい箇所が多いかが分かります。トイレの水が漏れていることに長い間気づかなかったために、床下が傷んでしまうということもあるので、普段から水が漏れていないか気をつけておきましょう。特に年数が経っているトイレは要注意です。

■業者を呼ぶまでの応急処置

トイレタンクから水が漏れている場合、水の元栓である止水栓をまず閉めます。便器への給水を止めて、それ以上の水漏れを食い止めます。トイレ 水漏れで一番多いのがトイレタンクなので、タンクの外側やタンク内をよく点検し、パーツのズレやパッキンの緩み程度なら、市販のパッキンを買って対処することも可能です。
本体の破損や対処法が分からなければ、業者に頼んでください。温水洗浄便座から水漏れしている場合、同じく止水栓を止め、水漏れ箇所を確認します。電化製品なので専門業者に修理を依頼した方が無難です。電気コードやコンセントに水がかからないように処置をして、すぐに業者に連絡しましょう。

■まとめ
トイレの水漏れはそのままにしておくと、階下に水が漏れることがあり、修理に失敗すると被害が拡大する深刻な事態になることも考えられます。自分で修理をするなら正しい知識が必要です。自分で修理するのは無理と判断したら、なるべく早めに専門業者に修理を依頼してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ