パイプや排水の水漏れを修理する方法

家の水回りを支えているパイプや排水の水漏れの原因は、汚れと老朽化です。例えば、浴室の排水パイプに髪の毛が詰まり、継ぎ目から水が漏れたり、逆流したりすることがあります。排水管と給水管それぞれの水漏れの対策法、自分で修理する方法を紹介します。

■排水管と給水管の違いと対策法

家の中にはお風呂やトイレ、キッチンなどで汚れた水を流す排水管と、使用する前のキレイな水が通る給水管の2種類があります。排水管は上から下に水が流れるように設置され、給水管は勢いよく水を出すために常に高圧状態になっています。排水管は食材カスや脂分が溜まることで損傷や詰まりの原因となるので、油や食材カスは流さず、排水トラップは定期的に清掃することをお勧めします。
給水管は負担をかけないことが大切で、内部のメンテナンスはできないので、掃除をこまめに行ったり、換気をしたりすることです。排水管や給水管の水漏れは大惨事になりかねないので、自分で対応できない水漏れは、速やかに専門業者に依頼する必要があります。

■自分で修理する方法と必要な工具

床下や壁の中を通る水道の配管の中でも、目に見える箇所と言えばシンク下の排水パイプくらいです。見える箇所から水漏れしている場合は、継ぎ目の緩みが原因のことが多いので、ナットを締めたり、パッキンを交換したりすれば対応することができます。自分で修理する場合に必要な工具はプライヤや精密ドライバー、水栓レンチなどです。
壁や床から水漏れしている場合は、排水管と給水管のどちらかを確認します。水を使用しない状態で水道メーターが動いていれば給水管、動いていなければ排水管の可能性が高いです。その上で専門業者に修理を依頼してください。

■まとめ
排水管や給水管は壁や床下に配管されているので、状況によっては大掛かりな工事になることもあります。また、排水管 水漏れすると、汚水が床を汚してしまうので、漏れ出た水を処理した後に、消毒殺菌まですることになります。自分で対処できないと思ったら、すぐに専門業者に依頼してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ