キッチンの水漏れを修理する方法

キッチンは水を使用する頻度が高いので、水漏れを起こしやすくなります。特に蛇口や止水栓、排水栓などはトラブルが起きる確率が高いです。それぞれの場所ごとに対処法や修理法を紹介します。

■水漏れの場所ごとの対処法と修理法

蛇口は細かいパーツが多く破損しやすいので、水漏れを起こしやすい場所です。10年以上経過している場合は、業者に依頼することをお勧めします。キッチン下のシンクから濡れていたら、止水栓の水漏れが考えられます。排水栓は経年劣化で亀裂が入ると水が漏れ、一番被害が大きくなる場所です。どちらも、すぐに水道メーターの止水栓を止めてください。
蛇腹ホースは耐久性が弱く、劣化しやすいので要注意です。蛇腹ホースを傷つけないように、周囲の収納物を片付けてください。食べかすなどで排水口や排水ホースが詰まると、水漏れに繋がることがあります。詰まる可能性があるものは、排水口に流さず袋に入れて処分するようにして下さい。

■蛇口は自分で修理できる場合がある

蛇口からの水漏れは、どの部分から水が漏れているかで対処法が異なります。本体とパイプの繋ぎ目当たりなら、パッキンの劣化や接合しているナットの緩みが考えられるので、パッキンの交換やナットを締め直せば、対応できます。ただし、パッキンが市販されていないこともあり、締め過ぎると状態を悪化させることもあるので要注意です。
蛇口の付け根なら蛇口 交換することが必要な場合が多いです。早めに専門業者に確認してもらい、修理してもらいましょう。自分で修理する場合はドライバーや六角棒レンチ、モンキーレンチなどの工具を準備しておくと役立ちます。どれも100円均一で購入できるので、費用はかかりません。

■まとめ
毎日炊事で利用するキッチンで水漏れが起きてしまうと、家事に支障をきたします。なるべく早く水漏れを解決して普段の日常を取り戻せるように、日ごろから水漏れの原因やいざというときの対処法、修理法を知っておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ