水漏れ修理は場所によって原因や対処法が異なる

水漏れ修理は場所によって原因や対処法が異なる キッチンや洗面台、お風呂、トイレ、洗濯機など、家の中の水回りと呼ばれる場所なら、どこでも水漏れなどのトラブルは起こり得ます。生活に欠かせない水道は、毎日利用するので、それだけ負担がかかり、老朽化や劣化が進みがちです。水漏れの主な原因は本体の老朽化ですが、発生する場所によって原因は異なり、対処法も変わってきます。放っておくと水道代の高騰や床上浸水にも繋がるので、速やかに原因を特定し、適切な修理を行う必要があります。
キッチンや洗面台の蛇口などは、自分で修理できるケースもありますが、自分では対応が難しいと感じた場合は、早めに水道修理業者に連絡することをお勧めします。もしものトラブルに備えて、必要な対処の仕方をお伝えします。

■水漏れを発見したときの対処法

水漏れには一度に大量に水が溢れる場合もあれば、チョロチョロと漏れ出し続ける場合もあります。キッチンやトイレなど普段、水を使う場所ならすぐに分かりますが、排水や床下配管など、普段目にしない場所は分かりにくくなります。気づいたら水道代が跳ね上がっていたなど、水漏れの被害で修理費用が高額になるケースもあります。床や壁が湿る、雨も降らないのに同じ場所の土が湿るようなときは、業者に点検してもらってください。
自分で水漏れを発見したら、修理の前にトラブル箇所の近くの止水栓を閉めれば、それ以上、被害が大きくなるのを食い止められます。場所を発見できなくても、水が漏れていることが分かっている場合は、水道メーター横の止水栓を止めてすぐに業者に来てもらう方法が有効です。

■水が漏れやすい場所
水が漏れている時は水道代が多くかかります。水道代がいつもより高いと感じた時は、速やかに水が漏れしやすい場所をチェックする必要があります。普段から使用している場所は、水漏れを起こしやすく発見しやすい傾向にあります。家の中では、トイレ・キッチン・浴室・洗面台にある排水パイプの他、給湯器 水漏れしやすく、洗濯機・エアコン自体からも水が漏れやすいです。家の外だと天井から雨漏りがしたり、お庭に設置している水栓柱から水が漏れたりすることもあります。洗濯機やエアコン、水栓柱は自分で対応できる場合もありますが、給湯器は素人が触るのは危険です。天井から水が漏れている場合も迷わず、業者に来てもらいプロにお任せするとスムーズに水漏れを直してもらえます。

■水漏れ修理を業者に頼む判断

水回りの水漏れの原因は本体の老朽化、パッキンなどのパーツの劣化や損傷、ナットなどの緩み、給排水管の破損、パイプの詰まりなどが原因です。トイレの便器など設備そのものが老朽化している場合は、自分で交換するのは難しいです。パーツが劣化している場合は、ホームセンターなどで購入して自分で取り換えることは可能です。ナットなどが緩んでいる場合は、工具で締め直すだけなので対処できます。
給排水管の破損は専門業者に相談した方が良いでしょう。パイプの詰まりは程度が軽ければ、洗浄剤や掃除用具を使って修理は可能ですが、重度の詰まりは専門業者に頼むしかありません。程度や状況によりますが、無理をして被害を大きくするよりは業者に修理を依頼してください。

■まとめ
家の中で水が漏れやすい場所を知っていると、普段から自分でチェックすることができます。蛇口や水道金具の耐用年数は約7年から10年と言われ、トイレや温水洗浄便座など衛生機器などの部品も同様です。10年以上経過した蛇口や温水洗浄便座から水が漏れていたら交換時期かもしれません。水道修理業者は定期点検や給湯器の交換、水回りのリフォームまで対応してくれるところが多いので、水回りのトラブルはひと通り相談してみてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース